ブログに残したい。|UMICAHI JOURNAL|熊本の訪問看護・リハビリテーション|UMICAHI(ウミカヒ)

MENU

スタッフのツブヤキ 2022.9.29

ブログに残したい。

こんにちは!
UMICAHI訪問看護リハビリステーション看護師 椎葉です!

 

 

今回のブログはご家族に許可を取り書かせていただきます。

 

 

今から約8年前。

訪問看護師になって初めて担当になった方の話。

 

初回の訪問で

 

「お前のことは娘と思うからな!!」

 

「いや、、年齢的に孫って言ってください〜」

 

この会話から始まりました。

この会話のやりとり、、何百回したことでしょうか☺️

 

火曜日と金曜日に訪問し、金曜日は介入後に一緒にお昼ご飯を食べる。
「この時間お前と飯食う時間が1番の楽しみ✨」と言ってくださり「仲間はたくさん連れてこい!飯食わせてやる!」と、私の働く仲間まで愛してくださっていました😊

 

私たちは訪問終わりに必ず「今日もありがとうございました」と言います。すると、その方は「こっちこそありがとう!」とまたまた必ず言ってくださっていました。

帰りには子供たちにとジュースととんがりコーンを持たせてくれるのも8年続きました。

 

書けば書ききれない、笑える出来事、泣ける出来事。

この訪問はまだまだ続くものだと思っていました。

 

 

大好きな畑仕事して、シルバーカー押して買い物行って…お元気でした。そんな7月下旬。

 

急な体調不良で入院することになり、「ちょっと入院してくるけんな!待っとけよ!」と電話をもらいました。
入院中も時々電話をかけてくださっていました。

しかし…

 

「おい!俺は点滴に繋がれて死によるぞ!笑 早く家に帰りたか。お前に会いたい。帰ったらバーベキューするぞ!」と8月7日に電話をもらったのが最後の会話となりました。

 

 

 

令和4年8月22日

 

 

 

朝、息を引き取ったと電話をもらいました。
溢れる涙を気合いで止めながら仕事をやりきりました。

ご冥福をお祈りします。
空から見守っててください。
関わらせていただいてありがとうございました。

正直こんなことがまだ全然言えません。

 

私のアセスメントが足りていなかったのか?もっと早く何かに気づけなかったのか?後悔しかなく、今はっきり言えるのは

 

『また会いたい』

 

それだけです。

 

切り替えのできない訪問看護師ですが、大切な利用者様はたくさんいるので…ひたすらひたすら毎日仕事を頑張ります。

 

人生に関わらせていただく訪問看護。

 

看護側が納得する形の最後なんてないかもしれません。どんな形であれ死は淋しい。

 

振り返った時に、笑顔の利用者様がたくさん思い出されるように…毎日の1件1件を素敵な時間にしていきたい。改めてそう思いました。

 

たくさんの出会いと別れを繰り返し、笑ったり涙したりして成長していくウミカヒ看護師を見守るのも、私の今後の楽しみです😊

 

 

 

 

UMICAHI訪問看護リハビリステーションでは、熊本市・益城町を中心に訪問看護・訪問リハビリテーションのサービスを提供しています。

在宅や老人ホームなどの入居施設での看護・リハビリテーション・介護にお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

最新情報はこちらから↓

【SNS】

Facebook

Instagram

Twitter

 

【リクルート】

https://www.umicahi-recruit.com

 

【付添い同行サービス】

https://www.umicahi-attend.com

この記事を書いたスタッフ

椎葉 愛

AI SHIIBA 看護師

AI SHIIBA 看護師

臨床の看護師だった20代の時に訪問看護師をめざし、総合病院で全科を経験するほど、訪問看護への熱量は誰にも負けない。週に1、2度の訪問で家族以上の関係になれるよう、60分の関わりに全力を尽くす熱いハートの持ち主。

一覧ページにもどる

Srchive

アーカイブ

UMICAHI RECRUIT スタッフ募集についてはこちら