UMICAHI JOURNAL|熊本の訪問看護・リハビリテーション|UMICAHI(ウミカヒ)

MENU

この記事を書いたスタッフ

小沢津 一仁

KAZUHITO KOSAWAZU 理学療法士

KAZUHITO KOSAWAZU 理学療法士

看護師の母親から、「理学療法士は難しい」とアドバイスを受けながらも、この世界へ。学生時代一度心が折れそうになったものの、祖母の入院をきっかけにやる気が復活。在宅でのリハビリにおいて”聞き出す”ことの大切さを痛感している。

Srchive

アーカイブ